インテリアの木製の天井は、実際のスタイリッシュなソリューションです。木材は加工が容易で、珍しいデザインアイデアを実現することができます。木からの天井の覆いは意図的に簡単で無礼でもあり、その豪華さと洗練さに驚かせることができます。特定の仕上げ要素の形状、色、スタイルを考慮した素材は、古典的で現代的で、未来的な内部でも適切です。したがって、今日の木製の天井は、再びその人気のピークにあります。しかし、これがその妥当性の唯一の理由ではない。 木製の天井の特徴 デザイナーや消費者の目には、環境にやさしい安全性があります。新しく魅力的な合成材料で彩られて、人々は再び「忘れ去られた」が戻ってきますが、そのような種類の「古い」ものをテストしました。さらに、木材加工の現代的なツールは、偶発的な発火、樹皮の甲虫の攻撃、過剰な水分の飽和および崩壊などの問題を忘れることができます。樹木はその薬効で有名な精油で飽和しています。建物の雰囲気に乗って、彼らのコンポーネントは、住宅の住民の健康に有益な効果があります。      材料が過剰な水分を吸収し、乾燥期間中にそれを戻す自然な能力は、最適な微気候の維持を保証する。それほど魅力的ではない木材は、断熱性と遮音性です。また、長いサービス寿命のために、木製のカバーは、最もよく知られている仕上げよりも有利です。 木製の天井の種類 木材からの天井材の建設のための様々な材料が印象的です。このカテゴリの主要仕上げタイプを列挙しましょう。 木製パネル さまざまなラックとシートのセット要素。あらゆるインテリアと財政の可能性に、豪華で厳格です。 薄板 民主的でユニバーサルな素材。浴室、井戸屋、芝居、居心地の良いオフィス、パレード、リビングルームなどの単純な経済的な建物に適しています。 対向するスラブ シンプルで信頼性の高い素材の仕上げ、さまざまなデザインで発表。 合板
部屋のデザインの天井は異なっています。しかし、最も珍しいとスタイリッシュなオプションは、インテリアやそのバリエーションの黒天井と考えられています。それが適切であろう場所をすべての部屋に、しかし、雰囲気は信じられないほどの方法で変換されることができない現実にこのアイデアを翻訳。 色の特徴 黒は何のために特別ですか?明白なモノクロに加えて、それが持っている魅力的な深さを考える価値があります。 インテリアの黒は、オブジェクトを視覚的に引き付けます。それは空間の一部を吸収して、それをより低くするように見える。したがって、壁の高さが十分にある部屋でのみ黒い天井を作ることができます。小さい部屋や低い部屋では、天井のオプションが押されて押し下げられます。      黒い天井の設置のための天井の天井の最低高さは少なくとも3メートルでなければなりません。このオプションには多くの利点があります。ここにそれらのいくつかがあります: 色と明るいインテリアのバランスをとる。 高すぎる天井の訂正; 大きなパノラマの窓の追加。 追加のパーティションなしで構内のゾーニング。 真の星空のエフェクトを作成します。 黒い天井はインテリアをユニークでユニークなものにします。その様々なバリエーションは、壁や家具の色と巧みで有能な組み合わせで常にユニークです。      光沢のあるデザインの黒い天井は部屋のすべてを反映し、明るい光でマットを薄くすべきです。さもなければ広場の雰囲気は重すぎます。
寝室での快適で快適な雰囲気は、彼が選んだデザイン、オーナーが使用する素材だけに依存します。部屋の各部分は相互に接続されているので、有機的に見えるはずです。あなた自身に特別な態度は、ベッドルームに天井のデザインが必要です。結局のところ、この部屋は2人のための個人的なスペースですので、それは所有者の好み、願いに一致する必要があります。 シンプルなデザインオプション トーニング; 天井を装飾するこの方法は、表面が所望の色で塗装されるという最も簡単な選択肢を意味する。その好みと家具の配色の可用性に基づいて、色合いを選択してください。天井の着色には、水性塗料が使用され、その中に所望の色が加えられる。場合によっては、デザインには塗装された要素があるストレッチ天井が含まれています。このようなマルチレベル設計により、表面のすべての凹凸を隠すことができます。 この場合、色のデザインの助けを借りて、部屋の大きさを考慮して、所望の天井面積を選択することが可能である。たとえば、天井の奥行きを視覚的に増やしたい場合、その色は壁の上部を越えます(約20〜30cm)。      装飾としての木; 天井を飾る最も一般的で普遍的な方法は、木材で表面を飾ること、またはそれを模倣する材料です。この作品に最も適した素材は、害虫から前処理されて汚れで覆われた自然の木です。最上層はワックスになります。表面を仕上げるためのよりアクセスしやすいサンプルの中には、木の効果を有する積層板がある。      ストレッチ ベッドルームで伸ばした(ヒンジ式の)天井 - これは、部屋の中で快適で現代的な環境を作り出す最も一般的な方法です。彼らは: シングルレベル;
住居のオリジナルのデザインを作成するとき、多くの人は天井の白雪を残します。ときにはこれはスタイリスティックスによるものですが、多くの場合、これはすべての可能性の無知から起こります。現代の装飾の方法は、審美的であるだけでなく、実用的な目的で天井の装飾を使用することを可能にする。インテリアに適した装飾オプションがたくさんあります。 人が垂直に上がることはめったにないので、天井の美しさは彼によって無視されることがあります。したがって、ゲストは部屋の入り口で珍しい装飾に気付く必要があります。しかし、内面の元の仕上げはそれ自体で終わりではありません。さらに重要なのは、有能な天井の装飾により、視覚空間を変更して飛行機のすべての欠点を隠すことができることです。専門家の勧告と詳細ビデオレッスンは、独立した仕上げ作業には十分です。次に、装飾の主要なタイプを想像してください。 天井面装飾の品種 現代的なアプローチは、所有者が専門家の助けを求めることを完全には要求しない。いくつかのオプションは、自分の手で簡単に達成できます。これまたはそのタイプの仕上げを使用して、部屋を完全に修正することが可能になる。通常のデザインはホストであっても認識できなくなります。多くの利用可能なの中で、最も人気があるのは、次のタイプの装飾です: ストレッチとファブリックの天井; 絵画; 写真の壁紙とアプリケーション; デコパージと絵画; ポリウレタンからのスタッコの使用; ドライウォール; 装飾石膏; スキン; フォームプラスチックで作られたタイル; 寄木張り;
現代のスタイルは、一度にいくつかの飛行機で考えることに内在しています。初期の注意が内部に、ほとんどの場合、壁に支払われたならば、今や天井のデザインは流行の発展方向になっている。オリジナルのアイデアが生まれ、仕上げの新しい方法が現れます。 モダンなインテリアで 天井は照明器具の平面だけではありません。現代のデザイナーは、彼に他の表面よりもあまり注意を払わない。 天井の表面は、部屋のデザインの調和の取れた追加に加えて、空間のゾーニングの基本要素です。部屋のタイプに応じて、オーバーラップは多くの機能を実行できます。たとえば、未知のコミュニケーションを隠す。 近年の傾向は、古典的なスタイルを再考することによって、新しい予期しない解決策を探し出すことです。現在のファッションの中心には、1920年代のデザイン、英国スタイルがあります。 ミニマリズムと漆器の装飾の組み合わせによって明らかにされた折衷主義の発展を得る急速な転換。他の傾向の民主主義的性質を補完して、エコスタイルに特別な注意を払う。 再び、インテリアのアンティークスタイルの要素が人気を集めています。この方向のテクスチャ性は、簡潔で拘束された英語スタイルの仕上げタッチとして使用されます。エスニック・モチーフは、同様の機能を果たし、主なイメージのシーケンスを偽りの形の特異性で補う。 デザインの種類 天井仕上げには、最も簡単な安価なオプションから、元の高価な組み合わせまで、さまざまな種類があります。主なものを以下に示します。 ぬりえ 天井を仕上げる最もシンプルで安価な方法は、間違いなくその色です。この表面の設計における新しい技術の出現にもかかわらず、白色での普遍的な着色は最も一般的なものの1つである。 このメソッドの欠点は次のとおりです。 表面を平らにする準備作業の複雑さ; 塗装作業の労働強度;
天井高が低いことを考慮すると、典型的な都市アパートでは、梁を用いた設計は想像がつきません。それは、内部の梁がより適切に見える広々とした田舎の家で作られています。しかし、すべてがデザイナーの想像力と居住区域に依存します。近代的な計画の大きなアパートさえもこの装飾要素で飾ることができるので。装飾的な梁はどんなスタイルにも簡単にフィットできます。彼らは空間を描写し、デザイナーランプを配置し、視覚的に広げるために使用されます。多機能製品は屋内独特の雰囲気を作り出します。したがって、より詳細には、家のレイアウトにおけるこのトレンディーなレセプションの特性およびその用途の利点を考慮する。 梁を用いたインテリアデザインの利点 家にある雰囲気を作り出す。これらのぶら下がったアイテムは、木造住宅の強力な構造に関連付けられているため、安心感と平和感を与えます。 部屋の空間の視覚的な変化。容積の減少にもかかわらず、それは視覚的に拡大する。設計者はこの光学技術を使用して幸せです。 装飾的な要素が内装の主要なアクセントになります。天井の梁は高い関心を集め、適切なデザインで芸術作品の中心になることができます。 梁を備えた家具は手作業で行うことができます。 天井構造の応用 その構造は天井の不可欠な部分であるため、民間の住宅におけるそれらの存在は先験的に示唆されている。この場合、所有者はオーバーラップを自然な形で残すことができ、乾式壁仕切りを隠すことができます。それはすべて、部屋の選択されたスタイルに依存します。天井構造を適切に適用することで、個々の設計プロジェクトを作成することができます。厳格なスタイリスティックスと部屋のゾーニングという実用的な目的が組み合わされます。 したがって、ビームは設計上の欠陥の可能性を簡単に隠すことができます。例えば、石膏ボードで仕上げたときの不均一な関節。また、天井構造では、エンジニアリング通信の配置を提供することが可能である(装飾照明を埋め込むために、ビームは導線を配線する)。 装飾ランプであろうと近代的なプラズマであろうと、ビームは他の設計要素を固定するための基礎として使用することができる。乾燥したハーブを天井製品に掛けることは一般的な装飾と考えられています。特に彼らが台所に置かれている場合。そこにキッチンツールやガラス製品の場所のフックを提供することもできます。 インテリアのゾーニング 機能的な設計ソリューションとは、部屋の空間を適切にゾーニングすることを意味します。このようにして達成できる目標を挙げてみましょう。 シンプルなゾーニングは、室内の2つの操作可能なゾーンの間に印象的なビームを1つ配置することによって実行されます。 広い壁に平行にビームを置くことによって、部屋の拡張が可能になります。
map