床の配色の選択から、部屋の全体的な知覚は非常にしばしば依存する。内部の灰色の床が高貴に見えますし、他の色の装飾を強調し、効果が明るすぎる色合いで中和する有利な両方の驚くべき能力を持っています。飽和またはテクスチャ、遊び心のある光沢または光沢のないマット仕上げで、パステル、光や暗いソフトまたは完全に滑らか - 灰色の優雅な日陰で床が調和し、ほぼすべてのスタイルで装飾された部屋の内装で、に収まります。 灰色の特徴 グレーの色は信じられないほどプラスチックで、多くの部屋のインテリアですばらしく見えます。その存在は、近代的なアパートの設計と公共機関の内部に有機的に絡み合っています。ケーラーはいくつかの特徴を持っています。そのため、時々装飾に使用されることが鍵となり、部屋の雰囲気を作り出します。 灰色の内装は、高い照明レベルの部屋では魅力的です。 目立たない単色は、神経系を刺激することなく神経を落ち着かせることができます。豊かな高貴な灰色の部屋で、独特のコントラストのある装飾が補われ、興奮性が増した人は気分が良くなります。 ライトアッシュの色は部屋に一種のちらつきを与えます。これらの色はリビングルームで大きく見え、ガラス製品と効果的に組み合わせられます。未来的な洗練を高めるために、クリスタルのインテリア、ガラスの上にオリジナルのコーヒーテーブルを追加することをお楽しみください。 内部の中程度の濃さの灰色の色合いを柔らかくするために、暖かいアーストーンと木を模したテクスチャード仕上げを補う必要があります。 このトーンをベージュ、クリーム、またはミルクと組み合わせると、飽和したダークグレーは悲観的に見えません。 灰色の明るい色合いは視覚的に空間を拡大し、暗い - 領域を隠す。     
家は誰かが自分の時間のほとんどを過ごす場所です。滞在は快適で居心地が良く、喜びと落ち着きのある感覚をもたらすべきです。主なものは、人が安静になり、力を得、生き続け、熱心に働くように家を建てることです。これは部屋のデザインを適切に選択することで実現できます。 この記事では、インテリアの明るい色の床のデザイン、その特性、他の色との互換性の程度、照明、素材などに専念しています。ライトフロアは異なる部屋を変更することができます。アクセントが「ライトフロア」というフレーズに正確に当てはまるので、追加のカラー定義が見逃されることがあります。これらのカラー定義はデフォルトで表示されます。 記事を読んだ後、あなたは学ぶでしょう: 異なる部屋の材料を選択する際に注意を払う必要があるもの。 どのようにドアを選ぶか、ボードを敷き詰めるか、板張りをするか、 どのカーテンが明るい色合いの床と調和しているか。 他の多くの情報を得る。 異なる部屋のデザインの選択 英語から翻訳までのデザインとは、デザインだけでなく、計画、図面、図面をも意味します。したがって、あなたの頭の中に保持しないで、それを紙に移すための部屋を設計する方が良いです。幸運なことに、インターネットの可能性は非常に大きいので、インテリアデザインは、プロのデザイナーを大金で惹きつけることなく、独立して行うことができます。 リビングルームデザイン 長い間、リビングルームは独占的に客の受け入れのための部屋ではなくなりました。誰も住んでいない部屋ですが、同時に家族全般の娯楽のための部屋の機能を果たす部屋は、リビングルームと呼ばれています。 リビングルームは軽くて居心地が良く、暖かさと快適さをもたらすはずです。お部屋は大人でも子供でも大丈夫です。したがって、空間、光、純度の感覚を実現する必要があります。 白い色に基づいてリビングルームのデザインを開発するときには、エリアの視覚的拡大である宇宙拡張を達成することができます。これを行うには、壁も明るい影を残す必要があります。白い色でそれをやりすぎると、居心地の良い快適な部屋を作ることができます。 トランジションを避けるために、リビングルームのデザインでは、明るいまたは暗い色の装飾(装飾可能)の要素が存在する必要があります。それは、ドア、飾り板、トリムフレーム、額縁、ソファ、椅子にすることができます。
床材の性質と外観が異なり、特定の作業条件に適しています。材料の選択は、快適性、安全性、部屋の秩序に左右されます。フロアのデザインが成功すると、スタイルソリューションが強調され、必要なアクセントが作成されます。色、質感、部屋の比率が視覚的に変化して、低い天井と壁の不均一さから注意がそらされます。壁の色と壁、ドア、天井の装飾との組み合わせにより、静かな雰囲気が作り出されます。色のコントラスト、顔の顕著な質感は、部屋を退屈させない。設計プロジェクトを作成する際に、仕上げ材の種類とレイアウトのレイアウトが考慮されます。元のパターンは床の美しさを強調し、インテリアに新鮮さをもたらします。 様々なフェーシングの中で、品質、実用性、独創性、価格の比に適したオプションを選択するのは簡単です。低コストで高価な木材、大理石の現実的な模造は、ファッションミニマリズム、ハイテク、エコスタイル、素朴なに従って部屋を飾るのに役立ちます。 フローリングの新しい傾向 今年はラコニックスタイルと天然フローリングが堅調に推移します。床のデザインでは、インテリアのさまざまなスタイルと調和し、家具や装飾的な要素のための良い背景を作成する、灰色、ベージュの色合いが整えられています。磨かれた表面の代わりに、素朴なスタイルになります。 重点は次のとおりです。 自然石の質感; タイル上の幾何学的なプリント; 土色の陰影; 未処理木材の明るい表情を表現。 マット面。 床はできるだけ自然に見えるべきであり、それが複数の世代によって継承されているという気持ちを作り出します。傾向の床の材料では、擦り傷、不均一な質感、深い亀裂、ハーフステンドの塗料の形の3-D効果を伴う。高貴な古さの種類は、穀物の傷、ムラに付いています。 60年代のスタイルは、クリスマスツリーの形をした寄木細工、黒と白のパレットのタイルの石積みを返します。拘束された色は、青、緑、赤レンガのカーペットで希釈することができます。寄木張りと大規模なボード、石が優先されます。ジュートとサイザルのカーペットを使用することができます。小さな投資で、最新のトレンドに合ったリノリウムとラミネートの床が、高齢の木を模倣して作られています。濡れた部屋のために、天然素材の水彩模様を持つ適切なタイル。      床材の種類、特性
リノリウム - 業界でも家庭でも幅広い用途に使用されているすべての既知の材料。それは私的なインテリア、オフィスビル、カフェ、レストラン、オフィスの設計に使用されています。近代的な店舗の棚には、専門家の助けと設計アプローチがなくても行うことが困難な床材の様々なものがあります。 フロアカバーを選択するには、論理的な質問から始める必要があります:リノリウムは、壁紙、天井と組み合わせてインテリアに収まるのでしょうか? コーティングは、リノリウムが選択された部屋を装飾するのに適した色、模様、質感を有する。材料は異なる耐摩耗性を有し、リノリウムのあらゆる種類がコーティングに大きな負荷に耐えられるわけではない。 歴史から リノリウムは、長い間、装飾の歴史に登場し、今日まで人気を失っていません。その創作の時、1627年にさかのぼると、それはしっかりとした油をかけた布でした。用語そのものは、 "リネン"と "オイル"(linum +発煙硫酸)の組み合わせから得られたものです。したがって、この性質の最初のコーティングは天然素材でした。製品を特許化する考えは、Nathan Smithによって1763年に訪れた。 1843年以来、追加の天然物質が布に加えられました。 今日まで、リノリウムの組成はいくつかの層を持っています。ポリ塩化ビニルは厚い基層であり、基本的な性質を保つことができます:遮音、アパートの保温、耐湿性などガラス繊維とポリウレタンは材料の強度に関与しています。製品はロールの形で生産され、家庭では敷設の方法で敷かれ、敷地内では接着剤、マスチックの助けを借りて固定されます。     
map