インテリアのインダストリアルスタイルを凌駕するのは珍しいことであり、マルチファミリーやプライベートハウスにとっては難しいことではありません。エンジニアリングのテーマは、シンプルなフィニッシュを使用することを前提としています。客室には暗い配色が施されていますが、広々とした快適な空間です。非標準的な方向は空間の蓄積を許さない。すべての中古家具の要素、装飾は、フォームを簡素化する必要があります。素直で、刻まれていて、華麗な要素があってはならない。照明の選択には特別な注意を払ってアプローチする必要があります。選択可能な器具は明るくなければなりません。これにより、夕方に暗い部屋の高品質な照明が保証されます。選択された方向の重要な利点には、実装の容易さがあります。場合によっては、フィニッシングが部分的に欠落することがあります。 歴史 産業スタイルの出現は1920年代の大恐慌に関連している。この期間に大企業は閉鎖され、工場での作業は中止されました。未使用建物は非常に低価格でリースされていた。そのため、多くのアーティスト、ミュージシャン、その他の創造的な人物が工場の敷地内に移動しました。古い機械の中に住んでいた放棄された製品は、最も珍しく驚くべき創造物を創り出しました。 70年近くになると、この建物は独特なデザインのため人気が高くなり、仕事と生活のための優れた場所として認識されました。最小のスペースは、展覧会を開催するのに適していて、さまざまな分野の新しい名作を作り出しました。この時期から、これまで不人気で貧困に関連した失業者の方向性が求められた。 特徴 カスタムスタイリスティックは、広々としたお部屋に適しています。そのダークスケールは、小さな部屋に適していますが、仕上げ、家具の慎重な選択が必要です。それ以外の場合、快適な生活環境を作ることは不可能です。重要な要件は、施設内の天井高が2.7m以上であることです。この方向は、目に見えるトランジション(上からの様式のバルコニー)を備えた2階建てのマンションに最適です。小規模住宅では、慎重かつ慎重に実施する必要があります。スタイルを作成するプロセスは非常に簡単です。細部と優先事項、規模を理解する必要があります。装飾は重要な制限がないため、簡単に選択されます。これとは対照的に、方向性繊維は少数のカテゴリーから選択される。 アパートスタイルの長所と短所 所有者が方向性の特徴を確認した後で、その実施の可能性が確認されていれば、長所と短所についてもっと知る必要があります。工業的なスタイルスタディは普通ではありません。簡単に簡単に住宅を整えることができます。彼女にとって、宇宙の塊は特徴的ではありません。シャープネス、精度 - 環境を作成する際の基本原則。創造されたインテリアのラコニズムは、快適に暮らし、余暇を過ごすことを可能にします。ゲスト用の広々とした客室では、親戚や友人の大企業をホストすることが可能になります。方向の短所は、ダークトーンの大まかな優性とみなすことができます。高品質の照明(自然、人工)がない場合、視覚的に空間が狭くなるという問題があります。窓の正しいデザインと高品質な照明の選択は、それを避けるのに役立ちます。 色 洗練された明るい色の仕上げで、あらゆる産業の方向性を持つワークショップを想像することは不可能です。結局のところ、作業プロセスの場合、この設計は単に無関係で実用的ではありません。適切な方向にハウジングをスタイリングするときは、グレー、グレーブラウン、グレーブラックのトーンを選択する必要があります。彼らは装飾、家具、テキスタイルに存在しなければならない。青、茶、ベージュの散在した光の色を助ける暗いデザインの作成を排除します。たとえば、所有者は1つの壁を白くして、明るくしておくことができます。残りのデザインは、より暗いパレットに表示されます。また、領域全体に濃いグレーと灰色の仕上げを使用することもできます。しかし、明るいインテリアとテキスタイルを使用して、ベージュ色のクリーム家具を設置することで陰影を付ける必要があります。 選択された方向については、明るく、キャッチーなトーンの包含は容認できない。建物を明るくするには、パステル、ニュートラルな含浸で選択を止める方が良いです。 材料および仕上げ方法
ポップアートのスタイルは、前世紀の中頃にアメリカと西ヨーロッパで生まれました。その歴史はほぼ70年続く。当初、絵画だけで急速に発展し、徐々に写真、彫刻、衣服、インテリアデザインに切り替えました。名前は、「ポピュラーアート」と訳されている「ポピュラーアート」というフレーズの短縮形です。スタイルは大量消費の製品からインスピレーションを引き出します。表現は、その最後の日を生き延びたのとは対照的に、その方向性が生じた。フェイディングジャンル(Pollock、Kandidsky)の有名なクリエーターの代わりに、新しい才能が生まれました。その中で、芸術の輝きを放つ明るい星がAndy Warholの立場でした。アーティスト、デザイナー、フォトグラファー - 彼は独立した独立した方向の支店を作りました。それは商業ポップアートと呼ばれました。おそらく、マスターの最も有名な作品は、ハリウッドのスター、マリリン・モンローの顔を描いた絵画でした。ウォーホルは、シルクスクリーン印刷技術を用いて、異なる色で作られた女優の50以上のイメージを課した。作品を演奏する方法は、そのような定型化された写真や写真はまだ部屋で装飾されている広大な大衆にとても人気がありました。ポップアートの主な目的は、人々を驚かせ、時には衝撃を与えることです。当初、方向はカフェやファッショナブルなレストランの内装のソリューションに流入し、その後は居住区に漏れた。スタイルの特徴は何か、ポップアートと悪い味の間の線を見つける方法を見つけます。 スタイルの特長 ポップアートとは、挑発的で反抗的な方向を指します。その開発は70年代と80年代の明るくて派手なファッションのための前提条件でした。方向の大綱に従って設計された部屋に入ると、他のものと混同することはありません。主な特徴は次のとおりです。 内部に "酸性"色の白い壁の組み合わせを使用する。 たくさんのポスターとスタイライズド写真。彼らは、漫画の本の場面、ウォーホルのテクニックの有名人の顔、家庭用品(大量消費と栄養の製品)を描いています。ソーダ、ボトル、チョコレートバー、車、写真はしばしば異なる色で繰り​​返される。 フィニッシュでは、プラスチック、合成、人工物が優先されます。ポップアートは贅沢でシックではありません。 天井と床はニュートラルな色調で装飾されています。 ポップアートでは、お土産、置物、写真などの小さな装飾が注目されています。 家具を選ぶ主な原則はその実用性です。非標準の未来的な線や形が歓迎されています。 上記の機能は、レトロ80と似ています。実際、スタイルの発展のピークはこの時期に正確に落ちました。
新しいアパートは、空間のためのデザインソリューションを選択し、スタイリッシュな家具でそれを埋め、面白いインテリアアイテムを探して、家の将来の装飾の息をのむような議論を先に非常に多くの興味深いものがあるので、家族のための壮大なイベントです。インテリアデザインの最新トレンドは、近年再現されたミニマリズムから出発し、暖かく快適なインテリアの創造への復帰を示します。 ヨーロッパスタイルの機能とオプション 内部のヨーロッパスタイル - これは、伝統的なスタイルオプションの実際の読み取りです。必要不可欠な技術のコピーの厳格な要件の欠如は、歴史的なスタイルが簡単に顧客とそれが人気の、現代生活の中でこの傾向に合わせて終了し、設計者は、光と空気で満たされた快適な、優雅な空間を設計することができます。 条件付きヨーロッパスタイルは、クラシックとモダンに分けることができます。 スタイルオプション ヨーロッパの古典 ヨーロッパの近代 特長 グレージングを施した大きな窓、扇形の綴じを持つアーチ型のポンメルの使用 クラシックフローリング(寄せ木細工、寄木細工) 大きな窓の開口部、単一のガラス リビングルームの床タイル、磁器タイルの応用
宇宙のテーマは、昔からの人を興奮させる。おそらく、これは進歩の世紀においてさえ技術的能力が欠けている、最も隠された領域です。彼女が彼女の不思議さを思い起こさせ、ファンタジー作品を刺激するのはこの理由のためです。インテリアの宇宙的な動機は、無重力の安定した錯覚を創り出し、人は宇宙の素晴らしい美しさの深みの中で小さな穀物を感じます。このスタイルのデザインは未来主義と隣接しています。未来主義は、多くの場合、火星の都市のパノラマや外来文明の遺跡を模倣します。不安定なマンションを作るためにどのようなルールが使われているのかを見てみましょう。 デザイン機能 同様のデザインをデザインするのは簡単ではありません。壁にある銀河のイメージを持つ写真壁紙では、十分ではありません。内装のすべての要素は、基本的な宇宙原則に結び付けられるべきです: 広大な空間の展望。 黒、白、青の多くが明るいスペクトルと組み合わされています。 無重力と風刺。 最大の技術的充填。 豊富な拡散した、冷たい光。 実用性、省スペース。 最後のシャトルで地上に到着したばかりのアクセサリー。      あなたがこれらの基本原則を採用すれば、アパートのインテリアは些細で印象的なものになるでしょう。ちなみに、空間のテーマは必ずしもすべての部屋を具現化するわけではありません。この恒星のスタイルは、ハイテク、モダン、ミニマリズム、未来主義、テクノ、そして融合の有機的な続きになります。それぞれの部屋にはユニークな動機が反映されていますが、一緒に居心地の良いコンポジションを作り出します。 宇宙色と形のパレット すでに述べたように、宇宙の内部には黒と青がたくさんあります。スチールグレーとのコンビネーションは、宇宙飛行宇宙服や宇宙船のシースと似ています。また、宇宙の深みの暗さは、赤、黄、青、紫で希釈されています。黒と青の色の組み合わせは、空間の90%以上を占めていますが、内部の画像では宇宙的に絶妙に見えます。多数の装飾を使用する予定の場合、壁はモノフォニック壁紙でペイントまたは貼り付けられます。濃い青色から穏やかな紺色まで、海の色合いが優先されます。家具が貧弱な場合、彼らは白い星の斑点と遠く離れた銀河の輪郭がぼやけたニュートラルな背景を使って、カラーパレットに自分自身を限定しません。
ソビエト時代の現代人に対する同時代の態度は、あいまいではない。ソ連時代のサイドボード、アームチェア、フロアランプ付きのアパートメントがあります。彼らが拒絶を引き起こす者もあれば、暖かい懐かしい感情を持っている者もいる。 しかし、あなたはどのようにソ連の内部を評価する - 大規模な、多面的な過去です。彼の美的は、現在建設と設計と同じように、この上の適切な判断のために必要とされる同じ必然的な批判、ゴミや賞賛のすべての属性を持ってしたい、保存、復元、または少なくともスタイルにしたいと、50年を通じて評価されます... ソヴィエト内部の歴史と特徴 ソビエト権の幕開けに、デザイナーは存在しなかった。当時の建築家は教義とスキームの圧力を受けていました。デザインのコンセプトは、資本主義者と社会主義の2色で描かれました。最初は絶対に否定的な態度でした。      美学のインテリアを輝かなかった理由であっても西洋スタイル、プロポーションや形状を採用し、それらの年の彼らの革命的な文化に適合し、宇宙と環境のための主な要件は、機能性と清潔でした、やや不器用でした。主な焦点は、「アートデザイナー」美的開口部が後に来て、製品の技術的なアップグレードを狙いました。 60-80歳までに。この分野を促進し、発展させるためにデザイン組織のシステムが開発されました。この組織は、後に世界の文化における他のものと比較して強力な競争力のある学校になりました。 連合の最初の数十年のインテリア 革命の後、 "ブルジョア"の巣が再定着し、ロファと白いガードが "厚くなった"、ホール、ダイニングルーム、ドローイングルームがソビエト共同アパートで廃止された。新しい当局は、医師、教授、責任ある党員など、仕事のために必要な人にのみ任命されました。 貴族的な寄せ木細工の床、金箔のフレーム、彫刻された椅子が村の通路と便に隣接しています。新しい所有者はすぐに下水と水の供給を不適切にしました。正面玄関には名前のついたボタンがたくさんあり、トイレの壁にはトイレの座席が置かれていました。共同キッチンはスケジュールに従って清掃されました。テナントはそれぞれ独自の考え方を持っていたため、昆虫や菌類によく似た地域が広がり、その時に悪名高い住宅問題が強まっていった。
近代性の広範な概念は、芸術だけでなく、建築様式においても用いられている。 20世紀初頭の創業以来、世界中で急速に普及しています。その時、新しいトレンドのイデオロギー的要素はその名前と一致していた。全盛期の短い期間にもかかわらず、このスタイルは深刻な遺産を残しました。多くの人々がまだ自宅でアールヌーヴォーのデザインを再現しようとしています。これに必要なことについては、以下でさらに詳しく説明します。 アールヌーボーの歴史 彼の登場は、19世紀と20世紀のターンに開発されたインテリアのデザインにおける混乱のためであった。ほとんどのデザイナーは、すでに存在していたスタイルの婚約者に新しいものを導入していない、折衷主義を実験しました。誰もが簡単な混乱から火花を彫ってみた。これに独創性はありませんでした。なぜなら、どんなコンビネーションでもデザインはまだ認識可能なままだったからです。したがって、近代化の出現は空中に吊り下げられた空気中の時間に対する答えでした。最初の彼の衝動的な足音は、敵意を感じていた。新鮮なスタイリスティックスは即座に「悪い味」と呼ばれた。しかし、現代が建築設計に踏み込んだスピードは目立たない。 当時の最も独創的な革新者によって使用されました。彼らは以前のすべてのスタイルの排他性と唯一性を実現したのは初めてでした。多くは、ブランド属性の製造の複雑さのために、近代性の純粋さにも引き付けられました。しかし、これはまた、大衆産業の成長の間に、近代家具の高いコストが外れているように見えた。したがって、第一次世界大戦の始まりとヨーロッパの金融危機により、ファッションスタイルスタジオはその主導的地位を失った。それにもかかわらず、彼は世界の多くの国の心と語彙に足場を得ました(アールヌーボー、ティファニー、リバティー)。      スタイルの特徴 アールヌーヴォー様式のインテリアの明るい外観は、以下の特徴によって容易に認識できます。 木質要素の使用を重視 これは、スタイルが自然のみを認識するためです。最も適切な選択肢は、明らかな繊維構造を有するオーク又はブナの木であると考えられる。 滑らかなフォームの使用 対称性と直線性は一切否定されています。輪郭の柔らかさ、要素間のパターン化された流れはすべてで見ることができます。コーナーが滑らかになります。 野菜の話題 アールヌーヴォーの装飾品には、実際の花や動物の画像が含まれていることがよくあります。それは優雅なユリ、エキゾチックな蝶になることができます。
彼らの家では、静かで親しみのある古典を好む人もあれば、頭を使って実験に浸る人もいます。そのような人々は、個性を吹き飛ばすような、自分の周りに排他的な環境を作りたいと考えています。このカテゴリーのために、非標準の蒸気滅菌スタイル(蒸気滅菌)が適しています。視覚的には、それは20世紀初頭の家の状況に似ており、その時には不自然な調整が行われていました。他の道を変えて、古典的なビクトリア朝の敷地内に珍しい、荒い細部と複雑な仕組みを入れさせる代わりの道を歩みました。 スタイルの歴史 当時では、ときスチームパンク幼年時代、「重い」とビクトリア朝時代の名残とかさばる古典的なスタイルは、それがすでにシンボリック出力にゆっくりと移動を始めていたにも関わらず、完全に家を出ていません。人々は剛性と爆発に疲れていて、新しい、シンプルで独創的なものを求めていました。送信エポック「後方年齢」と科学技術のそれプログレッシブ時代を置き換えるとの間の接合部では、全く新しい「産業」の方向に誕生しました。それは裕福な家庭の最初の内部に侵入して、どこにでも広がって新鮮な空気の息、でした。 しかし、方向性の基本はすでにXX世紀の初めに現れたにもかかわらず、すべてがそれほど単純ではなかったが、それはついに80年代初頭にのみ形成された。その言葉はアメリカのSF小説作家のペンから来たものです。彼は単に新しいジャンルの作品をどのジャンルに入れるべきか分かりませんでしたし、この方向性を自分自身で思いついたので、すでにサイバーパンクを怒らせていました。重要な役割は、「蒸気」の最初の部分によって演奏されます。これは、文字通り英語から「対」として翻訳されます。 Steampunkのクリエイターのインスピレーションの源は、19世紀後半の蒸気機関でした。豊富なパイプと複雑なメカニズムは、スタイルのキヤノンとみなされます。 「パンク」の第2の要素は文字通りの翻訳を持たないが、口語的な英語では「チーズ」を意味する。 人気のあるパンクは、アナーキーに接する個人の自由を促進する有名な音楽グループによって演奏されました。彼の手に間接的に付けられたスタイルの「父親」は、ハーバート・ウェルズ、ジュール・ヴァーン、メリー・シェリーとみなされます。彼らの作品では、その時代のユートピアのイメージを作り出しました。これは未来からのパノラマであったようです。 ちなみに、steampunkはインテリアデザインの方向性だけでなく、まったく同じ名前が衣類、音楽、映画、絵画、SFなどの独特のスタイルを持っています。いくつかのファンはさらに進んで、それ自体のルールと規範を持っている同名のサブカルチャーに隣接しています。      誰に 通常を超えて行きたい選択された個体の内部にスチームパンク。粗製のハイテク要素を持つ古い共存が唯一の偏心や熱心なファンの著名なフィクション作家できマンションの所有者。アーティスト、デザイナー、ライター、デザイナー、ジャーナリスト、彫刻家:そのような人々は豊かな想像力を持っているし、創造的な職業を選択する傾向があります。おそらく、彼らは残りの部分とは異なる場合が欲求によって駆動されて、でも、アパートの内部に、ハイライトを持っていますが、より多くのように珍しい性格はただ現実におとぎ話を持って、そして好きな本やあなた自身の想像力の奇妙なグロテスクな画像を復活したいです。      特性 Steampunkにはいくつかのブランチがありますが、それらの間には識別が困難な細い線があります。
今日、現代美術のファッショントレンドの1つが広まっています。インテリアのグランジスタイル。今日の世界は急速に発展しています。私たちはどこか急いで、すばやく疲れます。このような状況では、誰もがリラックスしたり、リラックスしたり、問題を忘れたりすることができる場所をしたいと考えています。家やアパートをグランジデザインで作って、私たちは毎日の虚栄心から逃げる居心地の良い巣を作ります。スタイルは古いものと新しいものを組み合わせているので、ファッショントレンドの憧れはさまざまな年齢の人の間で会います。 発生の履歴 スタイルはフランスのXIX世紀に始まりました。それは都市生活の疲れ、田舎での時間を過ごすのが好きだった、フランスの貴族を、敷設開始します。その豪華さと古典主義、農村財産を飾るため不向き華やかさは、したがって、郊外の生活に適している安価な材料を使用するように家を装備して始めたが、内装はエレガントに見えました。 貴族的なスタイルは、田舎と調和して共存していました。または、フランスのブルジョワは、村から都市の住居に持ち物、人形、ランプ、美しい花瓶を持ってきました。これらのアイテムは、古典的なインテリアをうまく​​補完し、それにある感情を加えて、農村生活のための少しのノスタルジアに貢献しました。 そのようなインテリアは、快適で快適な雰囲気を作り出すように設計されていて、家族が集まり、会話を行い、都市の生活リズムから休息するのが楽しいものでした。 そこで、エリート主義と地方、優雅さとアクセシビリティを組み合わせたグランジがありました。部屋のデザインにどのようなスタイルがあるか、さらに詳しく検討しましょう。 インテリアのスタイル 200年以上にわたって、グランジの存在は非常に人気が高まっています。多くの人々がこの精神でアパートを設計したいと考えています。家のインテリアのグランジは主にクラシックですが、恥ずかしがりや高価ではありませんが、より予約されてアクセスしやすくなります。 金、漆喰のための場所はありません。鍛造要素。このスタイルは簡便で簡潔です。それは、長年にわたり居心地の良い、実用的なインテリアを作成することを目指しています。低い天井の暗い部屋はグランには適していません。彼は天井が高い広々とした明るい部屋が必要です。 不要なアイテムはありませんのでご注意ください。機能性家具や装飾品のみが優先されます。 鍛造部品は、グランジの別の特徴です。鍛造は輝かないはずです。それは時間とともに刻印されるべきです。グランジではカーペットの使用が許可されています。通常、彼らは柔らかく、自然な色で、より快適になります。 特定の詳細を追加または削除することで、インテリアを変えることができるため、スタイルは良好です。例えば、リネン、綿、サテンの落ち着いた色調の小さなソファの装飾枕を並べて、家族の肖像画を壁に掛ける - このディテールは、グランジの特徴です。
map