デザインプロジェクトの形成中に、黒色の深みとユニークなカリスマはしばしば無視されることがあります。しかし、巧みに配置されたアクセントは、装飾のユニークなスタイルを作り出すことを可能にします。その重要な特徴は、いたずらの洗練さと高貴な厳しさです。インテリアのブラックカラー - エレガントさとクールなスタイルのシンボル。 色の心理学 黒色のパラドックスは、その催眠的な誘惑と喪服の動機に関連する反発的なハローにある。暗い色調は深く、自信を持って残りの花を支配しています。しかし、社会に課せられた団体は、しばしばデザイナーに偏見をもって黒を扱わせる。 しかし、心理学の観点から見ると、黒人に対する渇望は、実際には落ち込んだ気分と近づいているうつ状態を示すことができます。 石炭の色の悪影響を避けるために、内部には暗闇と混じり合う他の色合いの詳細を含める必要があります。 審美性に加えて、飽和樹脂色相の肯定的な性質は、外部からの安全と秘密の雰囲気を作り出す能力に潜んでいる。自宅で誰もが本当の要塞のように感じたいと思っているので、この品質はアパートの装飾を計画する際に貴重です。 黒色のプロパティ 黒には、この色を建物の設計にうまく使うことを可能にする特別な資質が与えられています。 ケーラーは普遍的な隣人であり、既存のパレットのほぼすべての色合いと有機的に結合しています。 ブラックは視覚的にスペースを減らすことができるので、小さな部屋では支配的な色にしないでください。 特定のオブジェクトやゾーンを強調する必要がある場合、石炭の色合いはオブジェクトに焦点を当てるための理想的な背景として役立ちます。 視覚的に部屋を広げるには、黒色の物を視覚的に取り除く能力が必要です。これを行うには、暗い場所に1つの壁をペイントし、残りのサーフェスには薄い色合いを選択する必要があります。
住宅の設計に暖かく冷たいパステルカラーを使用すると、追加の色を含めることができます。インテリアの美しい砂の色は、ニンジン、黄色またはブルゴーニュを希釈することができます。理想的な彼と青、青、青と組み合わせることができます。カラースケールは、装備されている部屋に応じて変更または補充することができます。たとえば、暗い内包物が部屋にフィットします。また、ダイニングルームではよりカラフルな色を優先する方が良いです。 仕上げ、家具、テキスタイル、装飾の適切な組み合わせは、オリジナルの文体的な方向性を作り出すのに役立ちます。超近代的で古典的なデザインの両方が可能です。金色、茶色、灰色、またはピンクの混合色からなる様々な色のため、空間の視覚的な増加のための適切なスケールを簡単に見つけることができ、快適性と洗練さを最大限に引き出します。 砂の色合い 補助色を追加するとき、砂は暖かく寒くなることがあります。例えば、グレーと混在すると、濃いが明るいトーンは得られない。黄色を追加すると、明るく飽和した色を得ることができます。また、色の明るさも変わります。それらのほとんどはパステルカラーの色です。しかし、茶色またはピンクと混ぜると、敷地のデザインに埋め込まれたときに放出される飽和色を得ることができます。 組み合わされると、次のような柔らかい色合いが得られます。 オレンジ色 チョコレート、銅、ブロンズ、コニャック イエロー バター、バニラ、黄土、虹彩 白で クリーム、ミルク、シャンパン 灰色で 大麦の穀物、泥炭、ミルクコーヒー、ビーバー、ベージュ ピンクの
最も現代的でファッショナブルなインテリアタイプの中から選択するのは非常に難しいです。しかし、何年にもわたって、このインテリアは、この色のようにあなたの家で見たいと思っている様式をデザインすることができるようになっています。さらに、デザインの配置に白を使用すると、色の最も異なる組み合わせが選択されます。インテリアの白い色は、強度と潜在性、新鮮さ、清潔さ、快適さと居心地を兼ね備えています。 どこから始めますか? 多くの家屋所有者は、部屋が居心地が悪く見えず、緊張していると思うので、白い色調のデザインを見たくない。現実には、白い色合いが爽やかな効果を持っているため、住居は清潔で快適で平和なものになります。しかし、インテリアを白いスタイルで考える前に、あなたは知っておく必要があります。なぜなら、この色は気分、温度、スタイルが異なるからです。たとえば、白い塗料に異なる色の冷陰影を追加すると、柔らかく暖かくなります。白い色のおかげで、好きなようにインテリアを試して、あなたの創造性と想像力を見せてくれるでしょう。 結合するものは? 白いインテリアを選ぶと、ほとんどの人が知らない - それはパステル調に完全に合う。そのような組み合わせは、様々なスタイルの居住空間の設計においてしばしば使用され、その結果、インテリアの実際の作業がもたらされる。落ち着いた色合いのパステル色合いが、肯定的な感情、自由の感情、解放、良い気分の出現に貢献します。これらの特性のおかげで、この色は何十年もの間、インテリアの作成に好んでいました。 また、明るい色調で強調されている建物の内部では、好感度の高いオーラが形成され、空間に肯定的な感情を満たします。白い色は、完全な調和、バランス、それは人を囲む空間を作る、彼に安定感、平和、繁栄の感覚を与える。医師によると、白色はうつ病、無関心の治療に有益な効果をもたらすことができます。そして、喘息患者の場合、それは広々とした感覚、十分な量の空気を提供するので、それ自身の利益をもたらす。結局のところ、このような状況では、より頻繁にクリーンアップする必要があるため、空気中にほこりが少なくなります。心理学者によれば、家の中の白を見ることを好む人は、内部の自由の渇きによって区別されます。人の誠実さ、すべての正確さ、人々とのコミュニケーションの許容性、厳格さ。 適切な光源を選択する 各部屋は、白い色調の内装も含めて、適切な照明が必要です。したがって、家具や装飾品を持つ場合、窓や照明器具からの光が正しく落ちるように行動する必要があります。さもなければ、屋内では暗い気分になる不快な影があります。絶え間なく実験し、ライトで物体を動かし、影を観察する。昼間の場合、ここではもう少し難しいですが、詳細の選択は日の異なる時間に合わせなければなりません。照明の色を選択するときは、非常に注意する必要があります。たとえば、黄色のライトを使用すると、状況が暖まるため、周囲のオブジェクトの雪が消えます。より深い照明が選択されると、内部は非常に寒いでしょう。 誰もが白いインテリアに行くことを決めていないので、多くの人が色合いを選ぶことを好む:乳白色のコーヒー、アイボリー、クリームのすべての色合い、牛乳、天然の天然亜麻、クリーム、綿、真珠の母。 色の側の色合いの選択 部屋の壁を塗る前に、世界の側面を特定する必要があります。晴れた日の半分の日に窓が見える住居は灰色の青色のぼやけた色合いになっているので、夏の寝室、スタジオ、図書館、ジムに最適です。この空間の壁に白い塗料が入っているので、状況はより涼しくなります。 日中に日差しが部屋に浸透しないと、壁は暖かい色で白く塗られ、人の幸福と気分に良い影響を与えます。南側へのアクセスが可能な窓の場合は、晴れた日に赤と黄色のスプレーで満たされ、白雪色の壁が涼しいので、これが最も有利な選択肢です。照明器具の明るさを考慮して、塗料の色調を調整します。グレーの色は白の反射能力を低下させるので、特に部屋に太陽エネルギー、光を満たす大きな窓がある場合は、空間の明るさを少し消音します。
色がぼやけた柔らかいパレットは、しばしば装飾を非常に調和よく見せます。控えめな色合いで、落ち着いた雰囲気が醸し出され、自宅にいらっしゃいます。パステルカラーのインテリアは、アパートを平和の本当のオアシスに変身させるのに役立ちます。そこでは、すべての家庭のメンバーが快適で静かな気分になります。 色で決める:パステル色合いは何ですか? ほとんどの場合、パステルカラースケールのコンセプトはベージュとゴールデンのすべての色調に関連しています。まだデザイナーの間で最も人気があるのは絶妙で高貴なトーンです: 粉末; 真珠; ミルク; 象牙の色; シャンパン; ミルク入りのコーヒーのヒント。 キャラメル等 しかし、色をパステルに変えることができます。所望の色合いを得るために、白色がベースに加えられる。白色の深さのために、結果として得られるトーンは豊かで充実したままであり、複雑さを失わない。 パステルパレットは、虹のすべての色をカバーします。シェードのスペクトルとベースカラーは、寒くて温かい場合もあります。最初のものはバイオレットからグリーンへのバリエーションで、2番目のものはマスタード、ゴールデン、ミュートされた銅とパウダーピンクです。 アパートや家のインテリアデザインの配色を選択すると、部屋自体の大きさと目的から始まります。例えば、広々としたリビングルームのデザインでは、冷たいパステル調の色合いが好評です:ラベンダー、ブルーグレーまたはソフトオリーブ。最初の穏やかな調子は、プロバンスの国の敷地で行われたホールの装飾の中で特に有機的に絡み合っています。     
人の異なる色の心理的影響の信念と風水の哲学の遵守にかかわらず、赤の色合いが最も強いことに同意しないのは難しいです。彼らは気分を変え、目を引く。インテリアのダイナミックな赤色は、選択したスタイルや装飾材料によって大きく異なります。それは他の色の影響を受けます:適切な色の組み合わせは、居間から寝室までのさまざまなタイプの敷地に最も適した組み合わせを見つけるのに役立ちます。 シェード 赤い色は非常に多様です: 落葉の自然な陰影を消した。 自然な明るい - ケシ、ベリー; 深い飽和 - ルビー、ワイン; 明るく、わずかに未来的で、注目を集めている。 しかし、登録時に、使用される材料の請求書から色を分離することは不可能です。明るさを向上させる光沢のある表面(プラスチック、皮革、エナメル、ラッカー)を必要とするスタイルがあります。 自然の木、静かなニュートラルな背景(例えば、クリーム)と組み合わせて、より自然な色合い -
インテリアにはラベンダーカラーより繊細なものは何もありません。この色は、夕日の春、軽い空気の雲、淡い紫色の花の巨大な畑に似ています。彼は自分自身の周りに静かで楽しい雰囲気を作り出します。 色の心理学 ラベンダーの色合いには多くの矛盾があります。心理学者は、この色の選択が人の真剣さを示していると言います。そして、同時に、ラベンダーはより明るい未来への希望を与える創造的な色です。素朴な信頼と率直さを味わったノスタルジアのメモがあります。 インテリアでは、この色合いはミステリーの部屋を追加するために呼び出されます。その色を多くの詳細で囲っていても、その謎は解決しにくいです。      誠実で若干冷たいラベンダーは、日没や夜明けと関連しています。荘厳さがほとんどなく、住宅やアパートの設計には適していません。しかし、その中には堅実さ、優しさと隠された光があり、いつでも自分自身を示す準備ができています。 紫色のこの色合いは、あたかもぼんやりとした色のように、別のものとして特徴づけられます。誰かが宇宙を想起させるが、誰かのために村の私の祖母の目覚めの思い出を盛り上げる。ラベンダーは想像以上に多面的です。したがって、彼は多くのデザイナーにとても愛されています。 リビングルームの内部の色 ラベンダーはファッショナブルな色合いのイメージを最もよく伝える花です。リビングルームでは、色が適切と思われます。彼らはすべての壁をペイントしますか?その後、家具は明るい色で装飾する必要があります。固体のラベンダーの背景は少しサイコをタイヤし、希釈する必要があります。これを行う方法?最も簡単な式は、内部に1色または2色を加えることです。 リビングルームの壁はラベンダーの半分だけで飾ることができます。彼はニッチとカーテンフォールドで同様によく見えます。このシェードでは、1つの壁だけを描くことができ、部屋の外観は新しい方法で再生されます。 ラベンダーの座っている部屋 - これは恒久的な傾向で、家の所有者の味について話しています。インテリアラベンダーと完璧に組み合わせたスタイルと色の多く。 ラベンダーの色合いは、ベージュとグリーンの色を組み合わせると常に勝ち、高価に見えます。
私たちの国における白い家具の相対的な不平等は、実用性についての市民の公式な表現ではない。それは白いまたは明るいベージュ色 - ソフトを含む家具のための悪い解決策と考えられています。しかし、逆に暗い色調は実用的であると考えられています。 一方、白い家具は効果的に見え、インテリアを変え、ウェブ上のフィードバックからもわかるように、かなり実用的です。現代の素材と加工方法のおかげで、洗濯が簡単で耐久性の高い家具です。 インテリアで 白の利点は、小さな部屋でさえも視覚的に広げる能力です。同時に、巨大なアームチェアやソファーは、明るい色で装飾されたときにエレガントに見えます。室内の白い家具は、隠された照明のようなトリックに頼らずに、部屋の昼光不足の問題を解決するのに役立ちます。これはもう一つの白プラスです。最後に、白は実用的な色です。それは素晴らしいと思いますが、それは本当です。白い家具は掃除の目立たない過失であり、密集した都市開発と国内の乾いた土壌の条件で避けられません。結局のところ、暗い表面では、ほんのわずかなほこりが目に付きやすいです。さらに、現代の清掃ツールは、ほこりや汚れを効果的に除去します。      多様性 このカラーソリューションは、さまざまなスタイルのインテリアに適しています。白い家具は明るく晴れたが、素朴なプロヴァンスを補完し、洗練されたノートを加えている。しかし、厳粛で若干寒い帝国では、そのような色は快適さ、快適さ、家庭をもたらします。白の家具は標準的なクラシックスタイルのアパートメントにも適しています。そのような決定は、典型的なフルシチョフの内部を大幅にリフレッシュする予定の人にとって、本当の救いです。国内の住宅用ボックスの外側に十分な配色が視覚的にボリュームを拡張し、その古典的な外観を復活させる、部屋を割り当てます。まあ、美しいカバーは、そのようなコーヒーの染み、食品、化粧品や鉛筆の芯の跡など、持参するのは非常に困難である汚染からそれらを保護するために、ソファや椅子をカバーしています。      白の色合い インテリアの作成経験が少ない人にとって、理想的な解決策は、白い色合いの部屋の配色を作ることです。そのような多様性によって区別される本質的に別の色が存在することは考えにくい。さらに、白のほとんどの色合いは、灰色の花で、お互いに完全に一致します。しかし、黒と白のインテリアは別々の会話が必要です。今のところ、単色のインテリアについて言葉を言う価値があります。ミニマリズムは、アパートの小さな寝室や、モダンなコテージの家に必然的に存在する大きなダイニングルームにも同様に適しています。主なことは、馬鹿げた点まですべてを単純化することではなく、そうでなければ退屈になるか、悪化するからです。病室のスタイルが出てくるからです。 したがって、次の3つの簡単なルールに従うことが重要です。 適度に明るい白を使用します。
インテリアのマスタードカラーは、自給自足性と多用途性のおかげで常に評価されていました。それは色々な色合いを持っています。色は黄色や茶色の優劣に左右されます。ブラウンは黄色の暖かさと自信を与えます。 マスタードは刺激しない、うつをしない、不安または退屈を引き起こさない。それは光の方向に応じて再生します:明るいときは黄色、薄暗い場合は暗くなります。彼は常に繁栄と、贅沢と、独立していました。それは静かな日陰で、部屋に堅実さと独創性を与えています。 色の特徴 利点は次のとおりです。 自給自足 - どんな内装でもこの色が支配的になるでしょう。 熱 - 茶色が多くなればなるほど、それはより寛大です。 多様性 - 異なるインテリアでは違った見え方をします。照明、周囲の背景によって異なります。 他の多くの色と組み合わせることができます。
map