民家における屋根裏部屋の設計は、「有用な」床の変形の一種である。作業中でも作業中でも、必要な場合は作業後でも作業が可能です。まず、屋根裏部屋と屋根裏部屋の違いを見てみましょう。 2番目は家の住宅地と屋根の間にある「冷たい」部屋です。それは整理することができますが、使用は暖かい季節にのみ制限されます。屋根裏部屋の下には、適切に設計され、生活に適した断熱された屋根裏部屋があります。以前は、これらの建物は地下室やバルコニーとして使用されました。食べられている不要なものを集めるためで、排出のためには持ちません。いくつかの古い家屋では、所有者の種類の本当の宝物や遺物を見つけることさえできます。屋根裏部屋の村で乾草を保ちました。窓は、原則として、この部屋では光の必要がなかったので、小さなものでした。内装とスピーチは行われませんでした。梁や天井が見え、屋根裏部屋の審美的な外観は誰も気にしませんでした。今日、屋根裏部屋は全く異なったものになっています。国内のデザイナーは外国人の仲間の慣行を採用しています。ヨーロッパでは、これらの建物はアパートやスタジオとして販売されているからです。屋根裏部屋の工房の設備は、最後の世紀の終わりにファッショナブルになった。今や巨大な住民は、田舎やカントリー・コテージで自然に移動しようとしています。従って、屋根裏部屋はより注意を払うようになった。私たちは "飼いならす"方法と、コールドロフトを生きるのに適したものにする方法を見つけようとします。 機能と利点 Mansard - 少なくとも2階に位置しているので、カントリーハウス、その歓声と美しい景色の部屋の装飾。屋根裏部屋には多くの利点と特長があります: 追加の領域、しばしば印象的なサイズ。急激な平方メートルの不足の状況で必要となる。 個人の家のスタイルからの独立。屋根裏部屋は他の部屋の "側"にあるので、ここでは、最も大胆なデザインのファンタジーを具体化することができます。 多様性。屋根裏部屋には、追加のベッドルーム、リビングルーム、子供用品、プレイルーム、スタディルームがあります。 アドオンとは異なり、それは家の建設を重くせず、基礎とサポートに追加の負荷を作りません。 重い家具や耐久性のある仕上げを使用することができます。ロフトは、床の信頼性の面で部屋に劣らないので、「充填」の重量に制限はありません。 屋根の元の形は屋根裏部屋の個性を強調しています。デザイナーのために、そのような部屋は実際の贈り物になるでしょう。その席は、梁と床の非標準的な線からの
まず、地下室、地下室、地上階のコンセプトを区別する必要があります。最初の部屋は基礎の一部で、完全に地上より低く、しばしばコミュニケーションに対応するようになっています。 1階は「準地下室」とも呼ばれます。これは土台の上に置かれ、部分的にしか土壌に浸透しない特別な部屋です。ガレージやパントリーにはしばしば装備されています。地下室(サブフロア)は、別々に建てられた建物として、そして地下室自体に直接役立つことができます。それは通常、冬のために家庭用品、ブランク、野菜を保管しています。セラーは窓を持たず、自然光をもらいませんし、土壌の断熱性のため、いつでも同じ温度が維持されます。彼らの仕上げの建設がめったに行われなかった後、余分な仕事は追加の費用を伴うので、草案の形で残しなさい。多くの民家では、セラーは印象的なエリアを占めています。ご存じの通り、不可能なことはありませんので、この部屋を「家畜化」するためにどのような作業が必要かを詳しく見ていきます。 地下室を快適にする方法 便利なセラーは、その建設と仕上げのすべての作業が一般的に受け入れられている基準に従って実行される場合にのみ利用可能になります。それから、毎年、「致命的な」戦いに出かける必要はありません。冬には、漬物と凍った野菜を並べる缶から霜を取り除いてください。部屋を生活に適したものにするためには、いくつかの作業段階を実行する必要があります。 暖房、換気システム、電気配線を行う。残念なことに、長時間の部屋では電池がなくても、夏にも動作しません。コンセントがない場合、技術の使用は除外され、ゲストも所有者も、停滞した空気を吸いたくないでしょう。 仕上げ。このケースでは、非常に強い熱と防水材を使用して湿度の割合を減らし、温度を安定させることについて話しています。 家具の選択と部屋の装飾。 建設中でエラーの仕上げが許可されていない場合、部屋は通常の家の居間と変わりません。      私たちは設計段階にあります 建設中の人々の前に、多くの疑問があります。家の階段から、そして地下室にそれを装備する必要性まで。後者は作業コストを大幅に増やしますが、追加の部屋はコテージやコテージで余分に使用されることはありません。さらに、基礎地盤は基盤を強化します。地震活動の増加が見られる地域で特に重要です。どんな建設も土壌の研究から始める必要があります。その値は、地面の組成と地下水の深さになります。これらの2つの指標に応じて、基礎のタイプが選択され、それに応じて地下の特徴が決まります。 モノリシック(タイル); テープ。 第2の見解は深い水と土に適しており、建物の安定性を確保しています。モノリシックは連続スラブです。地下水位が2m以上に上昇した土地では、土壌がゆるく、主に砂からなる土地で、より多くの記念碑的な建造物に使用されています。地下から、建設は伝統的に始まった。最初の土台の穴を掘り、基礎を築き、盲目にする。地下室を建設するための2つの主な技術があります:
豊かな歴史にもかかわらず、スカンジナビア様式はかなり現代的です。方向にはいくつかの兆候があり、特定のテーマの対象となりますが、その固有の特徴ではなく、精神、スカンジナビアの色を伝えます。北部人のキャラクターの最も重要な特徴は、拘束、倹約、遅れ、簡単な疎外と無限の愛と自然のすべてをスタイルで反映させることでした。フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランド、スウェーデンの先進国グループの本拠地である「スカンジナビア」の後ろには、歴史的な地域が隠れています。 これらの州は、西ヨーロッパの他の地域との地理的近接性にもかかわらず、象徴的な中心の周りで集まり、常に離れていました。おそらくそれが、北部の住人のキャラクターが一部原始的な北欧の特徴を保っている理由です。たとえば、よく知られていることわざ「私の家は私の城です」は今までにないスカンジナビア人の話題です。彼らはいつも人生のほとんどを過ごしたい、居心地の良いきちんとした住居を作りようとしました。 ノルウェーとデンマーク人でも、「それは心理的な快適さの感覚を呼び起こす、安全でいいと居心地の良い何か。」文字通りとして変換され、「hyugge」の概念を持っています近年では、大衆に積極的に導入された本格的なライフコンセプトになっています。一部では、家が人間の生活の一部であるため、ハグは内面の問題に触れている。 スタイルの起源 誰もスカンジナビア様式の出現の正確な日付を言うことはありません。このプロセスは長く、「勢いを増す」ために数百年もかかった。当初、スカンジナビアのデザイナーは、独特の固有の特徴を持ち、同胞の要件を満たす独特の方向性を作り出すことに決めました。初めはXIX世紀の終わりに築かれました。主な原則は、「日常のものにもっと美しさ」という声明でした。つまり、自然の人間の欲望にもかかわらず、北部の人々は、伝統的な実用性を失うことはありません。      が、一部の専門家のデザインの歴史は、スウェーデンの王位、国王グスタフIIIに来たときに、スカンジナビアスタイルの誕生は、(ほぼ200年前)でも早く始めたことを示唆しています。彼はファッションとそれに関連するすべてに多くの時間を費やしました。おそらくこの理由で、王は彼の死につながった貴族の陰謀を逃したが、これは別の話である。 Gustavの例では、スウェーデンに美しく家を建てなかったかのように、英国、イタリア、フランスのように、彼らのスタイルはコピーするだけではなく、独自のものを加えることができました。その後、バロックとロココは優雅な帝国に取って代わられました。スウェーデンでは非常に異なった道を歩み、そこでは北部人の特徴である数多くの要素が「過ぎ去った」。      3世紀にわたって、その方向性はついに形成され、強化されました。残念なことに、近年まで、特別な注意は払われていませんでした。近代的なヨーロッパ(ファッションメーカー)は、恥知らずさ、嗜好や贅沢に飽き飽きして、目を単純なスタイルに変えました。それはストックホルムで開催された国際展で30年代に起こった。デザイナーは、平均的なスウェーデン人またはフィンランド人の生活様式を反映した作業を実演しました。ショーは成功した。これは、繰り返しの展覧会の後、カナダと米国で20年間に統合された。それ以来、方向は正式な名前を持ち、インテリアデザインの教科書や雑誌ではちらつきが増えています。      徐々に豪華な立場を取り、新鮮な空気の息吹と同じように、家やアパートは新しい方向に突き進んだ。他の人が粗い部分(プロヴァンス、農村部、工業用、フュージョン)の存在に自分自身を許可しながら、それらのいくつかは、(ミニマリズム、技術的に近代的な)を可能な限り維持しました。そして、この瞬間、静かで目立たないスカンジナビアの生活様式(最も神秘的な概念)は、ヨーロッパ人自身の時代の慢性的な追求に飽き足りました。 Huggの家に到着すると、Scandinaviansを顕微鏡以外で分解する論文全体を書き始め、インテリアのスタイルは人気を博し、特徴的になった。彼は落ち着いていますが、感情がないわけではありません(貧弱ですが)。 特徴スカンジナビア様式
住居の中心は台所です。これは特に、敷地内がかなりの大きさを特徴としており、家庭がここで多くの時間を費やしているため、カントリーハウスに当てはまります。 カントリーハウスでキッチンのデザインを開発し、その利便性、人間工学、美しさを特に重視します。インテリアに影響を与える主な要因は次のとおりです。 ペットを考慮した家族の数。 家の一般的なスタイルは、台所はそれとの不協和音はありません。 部屋の大きさ。 レイアウトタイプ 1つの種類の計画はありません、あなたはちょうど覚えておく必要があります、家のキッチンでは、義務的な作業とダイニングエリア、そしてトランジットがあります。計画を立てるときは、利便性の原則に従ってください。プレート、シンク、冷蔵庫は、互いに遠く離れていない「作業三角形」の規則に従って配置されています。 U字型レイアウトは最も成功したレイアウトの1つです。 作業ノード、家具は文字「n」の形式で配置されます。部屋の周りを大きく動かす必要はなく、主婦はたまに異なる方向に回るだけです。 島は広い部屋で便利です。 センターに立つ「島」には、ストーブが備わっています。ここにシンクがあります。周囲の通路はすでにメートルであってはならない。 L字型の配置はそれほど便利ではないかもしれません。 小さなキッチンや長方形の部屋に適しています。シンクのある冷蔵庫は、一方のラインに、もう一方のストーブには置かれます。 線形バージョンは最も便利ではありません。
時間は飛躍的に速くなり、日常生活のリズムが加速し、人々は心配して溺れ、その結果、周り​​を見回す時間がなく、人生を楽しむことができます。それは、それが家庭環境での安らぎと弛緩を妨げるように見えるでしょうか?答えは明らかです - 不適切な雰囲気です。カントリーハウスは、都市のストレスからの避難場所になります。特に、耐火性、環境にやさしく、耐久性があり美しい「適切な」素材から構築するとします。これらの特性はすべて接着されたビームです。 建物の特徴 ラミネート化された単板材で作られた家の勃起は、すでに木材の生産段階から始まる全面的な技術です。材料の強度と耐湿性または耐火性を付与するため、丸太は切断され、不十分な品質の原材料は拒否されます。その後、薄板は徹底した乾燥の段階を待っています。平均して約1週間かかります。収穫後、それらは粉砕され、3つの部分で一緒に糊付けされる。プレスは、木材のための高品質で強固な素材の生産を完了します。それは、必要な輪郭、すなわち櫛状、平らな、または2〜3の鋸歯状を切り取ることが残っている。各プロファイルは独自の方法で良好です。選択はヒーターの必要性とインストールの容易さに依存します。 家の組み立てはデザイナーの何かを思い出させます - ディテールにはノッチ(溝)と凸面(スパイク)があります。デザインを強化するために、金属製スタッドを使用して構造を保証し、縫い目を一緒に引っ張ります。断熱材は材料の性質上最小であり、気候条件を考慮に入れて、ヒーターが選択されます。バー自体が熱を保つので、しばしばそれは必要ありません。      積層化粧板材の住宅の長所と短所 スラットのアセンブリで使用される接着剤は水をベースにしているため、天然素材製の家の紛れもない元の生態学に加えて、その絶対安全性にも言及する価値があります。物質の耐火性を与え、害虫による被害から保護する特別な解決策を用いてビームの処理に注意を払う必要があります。ビームの準備の段階の多くは、構造の特別な強さを提供する - 木は崩れない、形状を失うことはありません。多くの人にとって重要な要素は、家を建てるスピードです。品質のプロファイルと収縮期限がないため、積層ベニヤ製材で作られた家屋は迅速かつ簡単に建設されています。外側からの壁と内側からの壁は、ワニスまたは塗料のいくつかの層を除いて、追加の処理を必要としないので、仕上げ段階を素早く通過するだけです。最後の、しかしそれほど重要ではないプラスは美学です。この家は穏やかさと安らぎを与える。 接着された梁の住居の欠点は、その利点の直接的な反映です。最初の主な問題は価格です。製造段階では、高品質で高価な材料を使用することが重要です。ホルムアルデヒドやその他の有害な不純物を含まないように、原材料のクラスだけでなく、接着剤や消毒剤の重要な役割を辿る必要があります。建設段階での支出は、単に将来の快適さへの貢献であると結論付けることができます。
インテリアの第二の光の現代的なデザインは、部屋の窓のいくつかの列の存在を意味します。そのため、自然光は、はるかに柔らかく効率的な領域に分散します。第二の光の登録の特徴を考えてみましょう。 デザイン機能 家の第2レベルを照らすことは、不必要な詳細を使わずに高い天井の問題を解決するのに役立ちます。最大の自然光により、全体の雰囲気はより快適で快適になります。 そのような別の照明は、2階の階段のための良い光源です。第二の光は、あらゆる屋根裏部屋と廊下の自然な照明に完璧に対応しています。 複数階のアパートとコテージでは、2列目の窓が内部の部屋だけでなく、家のファサードをより面白く美しくしています。 第2の世界のアイデアの実現は、リビングルームの内部に向かうべきではありません。だから、照明のこの方法にはいくつかの細部だけを選択する必要があり、残りはインテリアの一般的なコンセプトと一致する必要があります。      1階建ての家は、2次照明がある場所でもあります。この設計を実装するには、2つの方法があります。 床は最大まで下がります。 天井の天井が取り除かれます。 アパートや家の天井の高さが不十分な場合は、2番目のライトを作成するときの装飾は高価な扱いです。しかし、このデザインテクニックは本当に排他的なインテリアを作成するのに役立ちます。 このようなトリックは、雰囲気を独特でユニークなものにして、部屋のすべてのものを些細なものにするものです。      メリット
家は私たちが休む場所であり、私たちはエネルギーで満たされており、力を得ることができます。したがって、家やアパートの配置は誰にとっても重要な問題です。常に家庭で素敵な雰囲気を望んでいますが、雰囲気は居心地が良いです。美しい装飾、元のデザイン、快適な家具、絶​​妙なインテリア - 家の快適さの必要なコンポーネント。当時、デザインサービスの市場は高いペースで発展しており、家のインテリアデザインは大きな問題ではありません。今あなたの家のインテリアを設計するための良いデザイナーを見つけることは困難ではないでしょう。スペシャリストは、カントリーハウスと普通のアパートのインテリアデザインの両方を計画するのに役立ちます。 しかし、すべてが家の改築中にデザイナーに追加の資金を割り当てる機会を持つわけではないので、自宅で自宅で設計プロジェクトを行うことが一般的になっています。デザインを気に入って適切に計画するためには、家のレイアウトの詳細、建物、そしてもちろんデザインのスタイルを考慮する必要があります。 スタイルを選択する インテリアデザインの正しいスタイルを選択すると、味の感覚、ファンタジーの飛行に役立ちます。あなた自身の家の屋根の下であなたの個人的な居心地の良い世界を創り出すためには、特に今日では膨大な数が発明されて以来、利用可能なすべてのスタイルのデザインを検討してください。選ぶべきものがたくさんあります! スタイルは、フォームとコンテンツを比例して組み合わせた、調和のとれたイメージです。既存のデザインスタイルのそれぞれには、固有の特長や特殊な特長があります。このスタイルまたはそのスタイルは、純粋な形式でも、別のスタイルの要素と組み合わせても使用できます。しかし、「愚行をコミット」しないように、あなたが部屋に悪趣味によって反発されていない、ではない互いに結合しているかのスタイルを把握する必要があり、これ。 しかし、あなたのために正しいものを選ぶ方法は?スタイルは、人の性格、彼の習慣、気質、好みを反映する必要があります。スタイルは個性的で、手のひらのように - 誰もが違うものが好きです。唯一の疑問は正しい方向の選択です。自分の意見を聞いて、「エステートをオンにする」と、あなたは間違いなくあなたの家を特別なものにするでしょう! インテリアスタイル ウォールデコレーション 床カバー 天井の装飾
キッチンデザインの現代的なスタイルは、家のデザインから仕上げまでの一連のルールに従うことをお勧めします。キッチンのインテリアは実用性、機能性を必要としますが、パターンに固執しないで明るい色やオリジナルのソリューションを適用できます。当時の精神の現れは、シンプルさと洗練さ、明確なライン、ミニマリズムです。 特徴 コテージやアパートのキッチンでは、家庭が集まる場所です。ここの小さなアパートでも、お茶を飲んで友人と集まって、トリプル。したがって、最大の快適さ、調和を与えることを試みるあらゆる次元の家の台所の内部。 アパートのキッチン設備の寸法と形状はほぼ同じです。私有の家に移動するとき、特に所有者の希望を考慮して構築されていれば、所定のレイアウトをする必要はないので、どんな空想も実現することができます。家の中のキッチンの特徴: より多くの窓の存在; 部屋の形は何でもあり、個性を示すことができます。 ワーキングゾーンは構想された場所にあります。 コンロや暖炉を装飾し、暖房の要素として役立ち、快適さを提供します。 広々としたスペースは、機能的なインテリアの要素を収容するために、キッチンとダイニングルームをリビングルームと一体化させることになります。      サイズと形状 すべての部屋が完璧な形ではありません。すでに準備ができている住宅はしばしば調整する必要があります。 正方形のキッチンの問題が発生しないで、それは想像するのは簡単ですが、多くのオプションがあります。ここの家具の配置は平行でL字型です。部屋が広々としている場合は、真ん中にダイニングテーブルまたは島があります。 視覚的に正方形のキッチンを2つの三角形に分割すると、そのうちの1つは作業エリアに持ち込まれ、2つ目は柔らかいコーナーと食卓があります。
map